MENU

陰部の黒ずみは美白ケアで解消できる

黒ずみを解消して喜ぶ20代の女性

 

陰部の黒ずみがこんなに酷いとふとした時に気づくことが多いです。

 

彼氏に黒いと言われた。
陰部の脱毛をしたら黒かった。
水着を試着したら黒ずみがはみでてる。

 

あそこやVラインと呼ばれる陰部は普段の生活の中で目にすることはあまりありません。そのため、人に言われたり毛の処理をした時に気づくことが多いのですね。

 

最近ではデリケートゾーンの脱毛をする人も多く、黒ずみを解消したいって人は増えています。男性の多くが黒い原因は経験人数の量だと勘違いをしている為、今までに彼氏が何人もいる遊び人と勘違いをされてしまうのですね。

 

しかし、黒ずみはケアをすることで解消することができます。
そのため、陰部の黒ずみを美白する人は非常に多いです。

 

アソコが黒いのをどうにかしたい!
遊んでいる女なんて見られたくない!

 

もしも、黒ずみをどうにかしたいと考えているのであれば美白ケアしましょう。

 

陰部の黒ずみの原因は刺激によるメラニンの色素沈着

 

陰部に黒ずみができる原因は主に3つです。

 

  1. 脱毛したことによる刺激
  2. 毛の処理でカミソリ負けした刺激
  3. 蒸れたりかゆみによるもの

 

色素が付いてしまっている原因はからだの中で作られたメラニンが肌に付着していることです。

 

メラニンは皮膚へ与えられる刺激を軽減する働きがあるため、カミソリで毛の処理をすることで過剰に分泌する原因になります。その分泌されたメラニンは色素を持っているため、付着することで黒ずみができてしまう原因となっているのですね。

 

また、蒸れることによって肌のバリア機能が低下し、乾燥をするようになります。
バリア機能もメラニン同様に肌から刺激を守る役割があるため、低下することでメラニンが分泌されやすくなるのです。

 

陰部はデリケートゾーンなので黒ずみが出来やすい

 

顔にできるシミも原因は同じで刺激によるメラニンの色素沈着です。

 

しかし、顔の黒ずみは30代以降に急激に増えるのに比べ、陰部は20代の女性でも多くの人が悩んでいます。
その理由は皮膚の薄さです。

 

陰部がデリケートゾーンと呼ばれるのには理由があり、他のからだの部位に比べ皮膚の厚さが薄くなっています。
そのため、刺激に弱いだけでなく色素沈着を少しするだけでも黒ずみが見えるようになってしまいます。

 

きちんとケアをすることが重要な場所なのですね。

 

陰部の黒ずみを解消するケアの方法

 

陰部の黒ずみを解消する為のケアのポイントとしては以下の3つです。

 

  1. 保湿成分によってバリア機能を高める
  2. 美白成分によってメラニンの生成を抑える
  3. 黒ずみの原因を与えないようにする

 

いくらケアをしたとしても刺激を与え、黒ずみができる原因を与えてしまえば効果は弱まってしまいます。そのため、刺激を与えないようにしながらケアを行っていく必要があるのですね。

 

黒ずみケアの方法としては陰部用の美白クリームを使うことです。
美白成分、保湿成分が配合されているので、上記で紹介した3つを満たしているクリームとなります。

 

美白クリームを使って毎日ケアをすることで黒ずみを予防し、美白することが可能となります。

 

陰部の黒ずみに顔用の美白化粧品でケアはできる?

 

黒ずみケア化粧品は市販されている?

 

陰部の黒ずみケアをする化粧品で市販されているものを探している人もいるかと思います。
結論からいうと、市販がされているものはほとんどありません。

 

薬局やドラッグストアへ足を運んでも店頭販売がされていないのですね。
通販限定で販売をしているのがほとんどとなります。

 

陰部が黒いことは女性なら他人に知られたくないような悩みです。そのため、お店で販売をしたとしても手を取るような人は少なくなってしまいます。営業経費を抑えることもできる為、通販限定で販売をするようにしているのですね。

 

黒ずみだけでなく臭いケアも一緒にできる

 

陰部に黒ずみがある女性はアソコが臭い人も多いです。

 

黒ずみができている人の多くは乾燥をしてしまっています。そのため、刺激が肌に伝えられやすくなっているので黒くなるやすいのです。

 

乾燥をすることによって起きる症状に臭いがあります。
肌のバリア機能は刺激を抑えるだけでなく、雑菌の進入を防ぐ役割を行っています。

 

そのため、雑菌が繁殖をしてしまい悪臭を発する原因となってしまうのですね。
黒ずみと同様に臭いは自分では気づくことができないことが多いので注意をしなければなりません。

 

しかし、黒ずみケアをすれば臭いケアも同時に行うことができます。

 

美白クリームには刺激から肌を守るための保湿成分が配合されています。そのため、陰部のケアをすることによって肌を潤わせバリア機能を正常に働かせる効果があるのですね。

 

結果、雑菌の進入を防ぐことができるので臭いケアも一緒に行うことができるのです。

 

ハイドロキノンとトレチノインは使わないようにする

 

肌の漂白剤として知られる薬がハイドロキノンとトレチノインです。
美白化粧品の中にも配合されていることの多い成分となります。

 

ハイドロキノンにはメラニンの発生源であるメラノサイトの細胞を減少させるだけでなく、黒ずみを薄くする効果が高いです。そのため、陰部に付けようとする人もいますが、注意が必要です。

 

ハイドロキノンとトレチノインと呼ばれる成分は漂白効果が高いですが、刺激が強い為に副作用のある成分です。

 

副作用としては刺激から「肌を赤く炎症させる」、「白斑ができる」、「黒ずみができる」などがあります。
陰部は皮膚の薄くデリケートゾーンと呼ばれることからも分かるように刺激には注意をしなければなりません。

 

そのため、この2つの成分が配合されたクリームは使わないようにしましょう。
非常に白くする効果が高いと知られる成分ですが、陰部の美白クリームの成分を見ても分かるように配合がされていません。

 

取り扱いには注意をしなければならないものなのですね。