MENU

陰部の黒ずみに使う薬

薬

 

陰部の黒ずみに使う薬でネットで見かけるのがハイドロキノンです。

 

肌の漂白効果が高いことで知られる「ハイドロキノン」の濃度が濃い薬となります。日本では陰部の黒ずみ薬は薬局やドラッグストアでは販売がされていないので、海外から仕入れるまたは病院で処方をしてもらう必用があります。

 

多くの人が購入する方法は個人輸入通販です。

 

日本ではユークロマクリームは病院でしか販売できないようになっていますが、国によっては規制がされていない為、薬局で購入できるようになっています。個人輸入代行業者と呼ばれる私たちの変わりに買い付けにいってくれる会社を通すことで通販を利用するのと同じように購入ができるのですね。

 

しかし、この方法を使うことはおすすめできません。

 

陰部の黒ずみ用の市販薬は販売がされていないので、薬でケアをしたいのならハイドロキノンの濃度が濃いのを使う必要があります。しかし、日本で薬局などで販売ができないのには規制する必要がある理由がしっかりとあるのです。

 

陰部の黒ずみに顔用の美白化粧品でケア」で解説をしているように、濃度が薄いとしても刺激で悪影響となる可能性がありますが、それよりもリスクが高くなると言えます。

 

これから美白をしたいと考えている人は失敗をする前に上記の記事を呼んでおくのをおすすめします。

 

陰部に使う薬「ハイドロキノン」は副作用がある

 

陰部の黒ずみにつかう薬といえばハイドロキノンのクリームが多いですが、日本では医者に処方をして貰う必用がある理由は副作用のある薬だからです。

 

薬の中に配合がされている成分はハイドロキノンと呼ばれる肌の漂白効果の高い成分です。しかし、肌への効き目があるのですが肌へ与える刺激も高くなっています。

 

そのため、様々な副作用があるので医者に処方をして貰う必用があるのです。

 

副作用としては「肌荒れ」「赤く腫れる」「白斑」「黒ずみを悪化」などがあります。特に赤くなったりするのは薬を使った人の多くが発症をしています。

 

それだけ副作用のリスクが高い薬となるのですね。

 

陰部だけでなく乳首の美白として使う人も多いですが、乳輪が大きくなったなんて人もいます。皮膚も薄くデリケートな陰部に副作用がおきるほど刺激の強い薬を使うのはおすすめできません。

 

かゆみが原因なら市販されてる有効な薬

 

陰部はパンツによって常に周辺でしめつけられ、汗によって蒸れやすいので刺激となりやすい。
また、皮膚が薄いのも関係をしており、メラニンが色素沈着しやすくもあります。

 

特に乾燥をしてかゆみから爪でボリボリと引っかいてしまった刺激によって黒ずみができることも多いです。
そういったかゆみが原因のものであれば美白ケアをする前にかゆみケアが重要となります。

 

市販されている薬で「フェミニーナ軟膏」と呼ばれるものがあります。肌の炎症を抑える抗炎作用のある成分が配合されているのでかゆみには有効な市販薬となります。ハイドロキノンのように肌を白くすることはできないですが、薬局でも購入をすることができます。

 

かゆみが原因であれば市販薬を使ってまずは原因を断つようにしましょう。

 

その後にケアをすると良いです。薬には炎症を抑える成分が配合されていますが、美白成分や保湿成分が配合されている訳ではありません。そのため、ケアをするのなら美白クリームを使う必要があります。

 

まずはかゆみを抑え黒ずみ原因を解消しつつ、ケアをすることで美白するようにしましょう。

 

陰部の黒ずみに顔用の美白化粧品でケアはできる?

 

関連ページ

陰部の黒ずみに顔用の美白化粧品でケアはできる?
陰部の黒ずみを美白化粧品を使って除去できるのか解説しています。アソコやデリケートゾーンに美白化粧品を使う前に必ずご覧ください。
陰部が黒くてかゆい!かゆみと黒ずみの原因は共通している