MENU

陰部がかゆいだけでなく色も黒い

 

陰部のかゆみに悩んでいる人の多くが、かゆいだけでなく色が黒いことに悩んでいます。

 

かゆみだけした感じていない人は実際に自分の陰部を手鏡などを使って見てみることをおすすめします。
あなたが想像しているよりも色が黒く黒ずんでしまっていることでしょう。

 

陰部のかゆみも色が黒いのも根本的な原因に共通している部分があるためです。

 

黒ずみだけであれば美白をすれば良いのですが、かゆみに悩んでいる人は特に注意が必要です。
かゆみのケアをしなければ、どんどん症状が悪化をするだけでなく、色もどんどん黒くなっていってしまいます。

 

そのため、早急にケアをすることをおすすめ致します。

 

この記事では陰部のかゆみと黒ずみの原因と、どのようなケアをしていけば良いのか解説いたします。

 

陰部のかゆみと黒ずみの原因は乾燥が関係している

 

陰部のかゆみも黒ずみも原因は乾燥が関係をしています。

 

まず、かゆみが生じる原因ですが、乾燥した肌と同じで刺激を与えてしまうことで炎症を引き起こしかゆいと感じるようになってきます。陰部も肌なので乾燥をすることで刺激をやわらげるバリア機能が低下をしてしまいます。

 

バリア機能が低下している状態なので刺激によって炎症を引きおこしやすいく、かゆいと感じやすくなってしまうのですね。

 

一方、黒ずみの原因に関しては刺激を与えたことによって皮膚を守る為に作られるメラニン色素の色素沈着です。メラニンには肌を守る役割があるため、刺激を与えることで体内で生成して分泌をすることで肌を守ろうとするのですね。

 

特に乾燥をしていれば刺激を抑えることができないので黒ずみの原因となってしまうのです。

 

ようするに陰部のかゆみも黒ずみも何もケアをしなかった為に、乾燥をしてしまった肌に与えられた刺激で炎症を起こしたり、メラニン色素の分泌がされているのが原因となっているのです。

 

陰部のかゆみと黒ずみのケアには美白と保湿

 

陰部のかゆみと黒ずみの原因に共通している部分があることから分かるように、ケアに大事となってくる部分も共通しています。

 

両方の肌トラブルの原因となっている乾燥を解決させるケアをすることが非常に大事となります。そのため、保湿成分が豊富に含まれたのを使用するようにしてください。

 

また、黒ずみを解消する為にもメラニンの生成を抑制する美白成分が配合されたものを使うようにしてください。ケアをすればすぐに問題解決する訳ではなく、肌が改善されるまでの間にはかゆみも引き起こりますし、黒ずみを余計に酷くしてしまうこともあります。

 

美白と保湿の両方が非常に大事となるのですね。

 

陰部はデリケートゾーン!使う化粧品にも注意が必要

 

かゆみや黒ずみを解消する為に美白と保湿の両方の成分が配合された化粧品を安易に使うのは止めた方がいいでしょう。

 

陰部はデリケートゾーンとも呼ばれ、他のからだの部分に比べ、皮膚が薄くなっています。そのため、低刺激のものを使わないと逆に悪化させてしまう原因にもなりかねません。

 

陰部のかゆみと黒ずみを解消したいのであれば、医薬部外品の陰部に使える黒ずみクリームを使うのがおすすめとなります。

 

陰部のケアができるように低刺激となっている物が販売されており、医薬部外品の為か効き目を感じている人は非常に多く、口コミでも評判がいい者がいくつかあります。

 

ケアをする際にはきちんと使える部位を確認して化粧品を選ぶようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

顔用の美白化粧品でケア
陰部の黒ずみを美白化粧品を使って除去できるのか解説しています。アソコやデリケートゾーンに美白化粧品を使う前に必ずご覧ください。
黒ずみ薬でのケア
陰部の黒ずみケアで薬を利用するのは注意が必要です。副作用によって黒ずみを悪化させる可能性があります。ここではどんな薬があるのか?薬局やドラッグストアでも販売しているのかについても解説しています。