MENU

陰部の黒ずみは美白化粧品でケアできる?

美白化粧品

陰部の黒ずみに悩んでいて、顔用の美白化粧品を使ってみる人も多いです。

 

同じ肌だから美白化粧品を使っても問題ないだろうと安易に考えて使ってしまうのですね。確かに陰部も顔も同じ皮膚によって作られており、黒ずみができる根本的な原因は変わりません。

 

刺激によってメラニン色素が皮膚に付着することですからね。
ただ、理由が紫外線による刺激によってメラニンが生成されたのか、乾燥やカミソリで毛をそった刺激によるものなのかの違いしかありません。

 

そのため、顔用の美白化粧品を使うのですね。

 

確かに美白成分と保湿成分が配合されていれば黒ずみケアとしての効果はあります。メラニンの生成を抑え、ターンオーバーを促進させる効き目が期待できます。

 

ただ、効き目があるとはいえ問題がない訳ではありません。
陰部専用の美白クリームが販売されているのには理由があります。

 

顔用の化粧品に含まれる刺激成分に注意

 

陰部がデリケートゾーンと呼ばれるのは皮膚が他のからだの部分に比べて薄く作られている為です。
そのため、刺激に弱くなっているのでデリケートゾーンなんて呼ばれ方をするのですね。

 

顔用の化粧品も低刺激に抑えて作られているものの、陰部用と比べれば配合されている成分が異なってきたりします。代表的な成分でいえば肌の漂白剤とも呼ばれるハイドロキノンなどです。

 

ハイドロキノンは肌を白くする効果は高いですが、刺激が非常に強いのが特徴です。

 

そのため、皮膚の薄い陰部につけることで肌に刺激を与え、メラニンが生成される原因にもなるのですね。結果、黒ずみを悪化させる原因になってしまうのです。

 

顔用の化粧品でも確かに効果は期待ができるはずです。
ただ、陰部に付けるように成分を考えて配合をしている訳ではないので黒ずみを悪化させてしまう可能性もあります。

 

美白化粧品でケアをするなら陰部用のクリームを使うようにしましょう

 

陰部の黒ずみを本気でどうにかしたいなら専用の美白クリームを使うようにしましょう。

 

顔用の化粧品とは違い、低刺激にこだわって作られている為、ハイドロキノンなどの刺激成分は配合されていません。肌にやさしい成分で作られているので安全に黒ずみケアができますし、敏感肌の人でも安心して利用をすることができます。

 

今までケアをしていなかった部分の化粧品が別に必用となるので毎月の出費は増えてしまうことになります。

 

ただ、あそこの部分が黒くても良いことなんて全くありません。
彼氏に遊んでいると思われるだけでなく、経験人数の多い女性とは結婚をふまえて本気で付き合えないって男性も多いです。

 

毎月の出費が増えてはしまいますが、これからの人生で黒いことによるデメリットを考えれば安いものです。
顔用の化粧品で黒ずみを悪化させて取り返しのつかないようになるぐらいであれば、少し費用を出して安全な方法で陰部のケアを行うのがおすすめとなります。

 

本気でどうにかしたいって人は下記で黒ずみを解消する方法を紹介しているのでご覧ください。

 

陰部の黒ずみを解消する美白方法

関連ページ

黒ずみ薬でのケア
陰部の黒ずみケアで薬を利用するのは注意が必要です。副作用によって黒ずみを悪化させる可能性があります。ここではどんな薬があるのか?薬局やドラッグストアでも販売しているのかについても解説しています。
陰部が黒くてかゆい!かゆみと黒ずみの原因は共通している