MENU

陰部の黒ずみは美白化粧品でケアできる?

 

美白化粧品

陰部の黒ずみを解消したくて顔用の美白化粧品を使ってみる人も多いです。

 

確かに陰部も同じ皮膚なので美白成分の配合されている顔用の化粧品を使うことで効果を期待することができます

 

ただ、忘れてはいけないのがデリケートゾーンとも言われ皮膚が薄いので刺激に弱い部位であることです。

 

陰部の黒ずみを美白する為に安易にケアをすることは逆に黒ずみを悪化させることにもなってしまいます。
他の部位と違い、黒ずみを美白していきたいのであれば、クリームの刺激にも気お付けなければなりません。

 

どんな美白クリームを使っても良い訳ではないのですね。

 

この記事で陰部の黒ずみを美白したい人はどんな方法でケアをしていけば良いのかが分かるようになっています。また、効果のない間違った方法を継続して無駄な時間や出費をしたり、逆に悪化させるのも防ぐことができます。

 

陰部は刺激に弱いデリケートゾーン

 

陰部ケアに気お付けなければならないのが刺激です。
そのため、結論からすると顔用の化粧品を使って美白するのはおすすめすることができません。

 

股の周辺は他のからだの部位に比べて、角質層が薄く刺激に弱い部位となっています。
そのため、デリケートゾーンと言われています。

 

もともと色を黒くしてしまう原因は刺激から肌を守る為に、メラニンが生成され皮膚に付着して色素沈着をしています。
顔であれば刺激は問題なくても、陰部となると黒ずみの原因を与えてしまう可能性があるのですね。

 

陰部は刺激に弱いデリケートゾーンなので、顔用の美白化粧品でケアをしていくのは止めた方が良いです。

 

顔用の美白化粧品には刺激成分も含まれている

 

顔用の美白化粧品に含まれていることが多いのが「ハイドロキノン」と呼ばれる成分です。
この成分は肌の漂白剤とも呼ばれ、効果が高く顔のシミ用化粧品には必ずと言って良いほど含まれている成分です。

 

ただ、ハイドロキノンは刺激が強いので陰部に使うことで逆に黒ずみを悪化させる可能性があります。
逆に効果がありすぎても肌色に戻るのではなく、白くなってしまうリスクもあります。

 

実際、濃度が高いクリームは日本では薬局やドラッグストアでは販売をすることができないようになっています。

 

顔用の美白化粧品を使っていくことで、黒ずみの原因を与えながら美白ケアをしていくことにもなります。
そのため、陰部を美白したいのであれば低刺激のクリームを使ってケアをしていく必要があります。

 

陰部の黒ずみの美白は低刺激のクリームでケア

 

陰部の黒ずみを美白する為に低刺激となったクリームが販売されています。
きちんと美白効果のあるのに関してはどれも医薬部外品となっています。

 

こういった陰部や乳首などに使える低刺激の美白クリームは黒ずみクリームの名称で販売がされています。

 

私自身も使った経験がありますが、知る限りでは顔用の化粧品に含まれるハイドロキノンが配合されているのは、当然のことながらなく低刺激になるように考えられています。

 

この点からも顔用のを使っていくのは止めた方が良いのが分かるはずです。

 

顔のシミに悩む人に比べると陰部が黒いのに悩む人は少なく、低刺激に配慮されて美白成分を選んだりされている為、大量生産されたような安価なのは残念ながら販売がされていないです。

 

また、美白成分は配合されておらず医薬部外品ではないのに、乳首や陰部をピンクになどの表現でごまかして販売されてるクリームもあるので、騙されないように注意をしましょう。

 

陰部に使える美白クリームランキング

 

イビサクリーム

イビサクリーム

圧倒的に人気があるのがイビサクリームです。

 

陰部の脱毛を専門的に行っているサロン「ibiza」によって開発がされた美白クリームとなっており、多くの人に利用がされています。刺激を与えない成分にこだわって作られたおり、陰部の黒ずみといえばイビサクリームと思い浮かべる人も多いです。

 

医薬部外品となっており、「GLITTER」などの雑誌でも掲載がされました。

 

黒ずみを薄くし美白する「トラネキサム酸」とお肌を整える「グリチルリチン酸2K」の2つの薬用成分が配合されており、効果があったと評判のクリームです。

 

効果重視で選びたいって人に人気となっています。

 

価格 7,000円
キャンペーン価格 4,970円
その他 低刺激で陰部の黒ずみの美白に人気

 

ピューレパール

ピューレパール

脇の黒ずみ用クリームとして知られるのがピューレパールです。

 

脇だけではなく、刺激を抑えることで陰部にも使えるようになっています。高級化粧品などに配合されることも多い、プラセンタやビタミンC誘体が配合されています。そして保湿力が高いトリプルヒアルロン酸が含まれているのが特徴的です。

 

黒ずみクリームとして利用者も多く、潤いが凄いと口コミでも評判となっています。

 

陰部だけではなく、脇の黒ずみケアもしたいって人に人気となっています。

 

価格 7,600円
キャンペーン価格 2,750円(初回限定のみの価格)
その他 脇の黒ずみの美白に人気

 

ホワイトラグジュアリープレミアム

ホワイトラグジュアリープレミアム

乳首の黒ずみクリームとしても人気なのがホワイトラグジュアリープレミアムです。

 

陰部と同じく乳首も刺激に弱い部分となる為、肌に優しい成分にこだわって作られています。そのため、陰部の黒ずみに使う人も非常に多いのが特徴的です。最大の特徴としては浸透力の違う成分が配合されていることです。

 

角質層、メラノサイト、真皮層と肌への浸透力の違う成分を配合することによって、メラニンの発生源だけではなく、手間から奥深くまでケアができるようになっています。イビサクリームと同様に医薬部外品となっており、グリチルリチン酸2Kが配合されています。

 

陰部だけでなく乳首の黒ずみをどうにかしたいって人に人気です。

 

価格 9,980円
キャンペーン価格 5,980円
その他 乳首の黒ずみの美白に人気

 

薬局やドラッグストアで市販の陰部の黒ずみクリーム

 

陰部の黒ずみクリームは薬局やドラッグストアでは市販がされていません。
デリケートな部分の悩みでもあるので、店頭で販売されているのを見かけることはないのですね。

 

通販での販売が主になっていますが、どれも何の商品か分からないように配慮されて発送が行われている程です。

 

黒ずみクリームの中ではTVで紹介がされていたり、医学誌に掲載されているのもありはしますが、人前で購入をするのは抵抗がある人も多いです。

 

そのため、陰部の黒ずみクリームは顔用の美白化粧品とは違い、薬局やドラッグストアなどでの市販はされていないのですね。
AMAZON・楽天・公式通販サイトを利用して販売が行われているのが多いです。

 

公式で通販サイトを用意している場所は、手数料がかからない為か割引がされていることがほとんどです。

 

陰部の黒ずみ解消に必要な効果

 

陰部の黒ずみ解消をしたいのであれば、美白ケアしていくうえで必要な効果は2つです。

 

  • 美白
  • 保湿

 

片方が欠けていけは効果を期待することは難しいです。

 

美白効果によってメラニンの生成を抑制して、保湿効果によってターンオーバーの促進を促します。
この2つによって色素沈着をしている古い皮膚を排出し、新たに黒ずみが作られる原因を解消していきことが必要です。

 

美白効果でメラニンの生成を抑制する

 

美白を勘違いしている人は多いですが、効果はメラニンの生成を抑制することです。

 

肌へ与えられる刺激を守る為に、メラニンはからだの中で作りだされます。
このメラニンが作り出されるのを抑制する効果があるのが美白です。

 

陰部の黒ずみの原因となっているのは、乾燥してバリア機能が低下した状態での刺激です。
パンツが蒸れたり雑菌やお風呂での汚れ落としなどが直接的な原因となります。

 

陰部が黒い人は乾燥をしてカサカサしている人も多く、ちょっとした刺激によってメラニンが作られたり、炎症をしてかゆみを引き起こします。
そのため、美白成分でケアをしていくことで、生成がされているメラニンを抑制していくことが必要です。

 

保湿効果でターンオーバーとバリア機能を高める

 

保湿が黒ずみ解消に必要となる理由は2つあります。

 

  1. 色素沈着した古い皮膚を排出
  2. 肌のバリア機能を高める

 

肌にうるおいを与え保湿剤の膜によるバリア機能で外的刺激を和らげる働きを高めます。

 

また、肌はターンオーバーの周期で古い皮膚を排出して、新しい細胞を作りだしているので、この働きが正常になるように促します。
保湿をすることで肌を守る働きとメラニンが付着して色素沈着している古い皮膚を排出する働きを高めることができるのですね。

 

デリケートゾーン石鹸は必要ない

 

陰部の黒ずみを解消するのにデリケートゾーン石鹸を使うのをすすめられていることがあります。
ただ、デリケートゾーン石鹸は高いだけでなく、黒ずみ解消の効果を見込める訳ではないので、おすすめできません。

 

美容成分などが配合されていて、石鹸にしては価格も高いことが多いですが、肌にすぐに浸透をすることはありません。
そのため、水と一緒にほとんど流されてしまうので、あまり美容効果を見込むことができないのですね。

 

こんな効果のある凄い成分が配合されてなんて紹介されていることもありますが、一緒に洗い流されていてはほとんど意味がありません。
スキンケアの本にはあくまで石鹸は汚れを落とす物であり、保湿をしたりするのは化粧品である点が書かれていることも多いです。

 

安易にそういった言葉に流されてしまうと、本当に必要なケアと離れてしまい、高いのを使ってるのに効果がないなんてことにならないようにしましょう。

 

低刺激の石鹸に変えてゴシゴシ洗いをしないようにする

 

陰部が黒いからと美容成分が配合された石鹸は必要ありませんが、肌への刺激に関しては気お付けなければなりません。
いくら美白クリームを使ってケアをしていても、刺激を与えてしまえば効果を見込むことはできません。

 

そのため、ベビー石鹸のような肌に優しい成分で作られたのを利用し、肌質にも合うと感じる安いのを使えば問題ありません。
からだを洗う時はくれぐれもゴシゴシと洗ってしまうのではなく、優しく汚れを洗い流すようにしましょう。

 

泡立ちネットなどを使い手で汚れを洗い流していくのがおすすめです。

 

陰部の美白までにどれぐらいの期間ケアが必要

 

陰部の黒ずみを解消するのであれば最低でも3ヶ月はケアを続けるようにしてください。

 

古い皮膚を排出するターンオーバーは1ヶ月から3ヶ月周期で行われています。
肌が乾燥をしていたり加齢などによって、だんだん送れるようになってきます。

 

そのため、陰部が黒い状態になっている人は最低でも3ヶ月はケアを続けることで効果を期待できると考えた方が良いです。

 

陰部の黒ずみクリームの口コミではすぐに効き目があったなんて書かれていることもありますが、信じるのはおすすめすることができないです。
カサカサだったのが潤ってきてなど感じることはあっても、黒ずみ解消がすぐにできるなんてことはまずないです。

 

ターンオーバーの周期から考えても、最低でも3ヶ月は美白ケアを続ける覚悟で始めるのがおすすめです。

 

関連ページ

黒ずみ薬でのケア
陰部の黒ずみケアで薬を利用するのは注意が必要です。副作用によって黒ずみを悪化させる可能性があります。ここではどんな薬があるのか?薬局やドラッグストアでも販売しているのかについても解説しています。
陰部が黒くてかゆい!かゆみと黒ずみの原因は共通している